アンダーヘアを自分で処理したいのであれば、知っておくべきことがあります

アンダーゾーンをキレイにしたいと思ってアンダーヘアを自己処理する場合は、その方法(道具)の選択がとても大事です。

 

箇所はビキニラインと呼ばれるVラインや、正面のVゾーン、そしてもっと内側のIライン、またお尻の穴周りのOラインといったデリケートな部分。

 

だから間違った方法(道具)を使ってやり続けているとしっかり処理できないのはもちろんのこと、皮膚の炎症を起こしたり、キズになったり、黒ずみになってしまったりと大きな肌トラブルを招いてしまう可能性が高いからです。

 

今大丈夫だと思ってしている方法がダメなのであればすぐにやめてもらい、再度正しい方法(道具)を使い、アンダーヘアの自己処理に挑戦していただければと思います。

 

このアンダーヘア自己処理方法を続けていると危ない!?

まず、どんな仕上がりにしたい?というところが大事ですが、その前にこの方法はやめておいたほうが良い処理の仕方とはこれらのことです。今普通にしているのであれば中止してくださいね。

カミソリで剃る

カミソリで剃ると、その時は簡単にキレイに仕上がるけど、皮膚表面を傷つける結果になったり、すぐに濃い毛が生えてきたりチクチクする。

 

やってもはみ出さない程度にVラインが限界・・

ツイーザー(毛抜き)で一本ずつ抜く

ツイーザーで一本ずつ抜くとその時はキレイに無くなるけど、痛いし時間が掛かり、抜いた後は必ず毛穴を引き締めるケアをしっかりしないと黒ずみや埋没毛の原因になり、現に悩んでいる人が多い。
IラインやOラインはとても痛くて無理・・

除毛クリームを使う

除毛クリームはその時はスッキリ仕上がるけど基本、毛を溶かす強い成分なので使い続けるにあたって皮膚ダメージや、かぶれてしまうかもと不安・・
なんとかVラインまでなら使用できそうだけど、IラインとOラインは推奨していないもの、使用不可なものが多い。

 

>>Vライン・Vゾーンで使用できる美容成分たっぷり配合の除毛クリームが登場

電気シェーバーで剃る

電気シェーバーはカミソリに比べて安全で奥まで剃れるけど、やっぱり剃ることには変わりがない。
その後毛が濃くなったり、先がとがってしまって生えてきたときに、チクチクしたりかゆみが出たりする。

 

このようなデメリットが出てきてしまう可能性が高いのですね。

 

 

最初はキレイに仕上がる上記の自己処理方法も、アンダーヘア部位の皮膚は薄く敏感なので回数を重ねるに連れてトラブルが出てきてしまうのです。トラブッてしまってからだとすぐには治らないですし大変です。

 

 

じゃあどうすれば良いか?

 

正直言いますと、誰でも簡単に完璧にトラブルなくアンダーヘアをキレイに処理する方法というのは、無いと思います。

 

アンダーヘアの処理と考えたときに方法(手段)として考えられるのは、カミソリ、電気シェーバー、ツイーザー、ヒートカッター、除毛クリーム、ワックス脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛、医療レーザー脱毛と方法はたくさんありますが、自己処理となるとニードル脱毛と医療レーザー脱毛以外の7つ。

 

そのうちカミソリ、電気シェーバー、ツイーザー、除毛クリームの4つは上に書いた理由でおすすめできないと書きました。
さらにヒートカッターは熱で毛を溶かして処理するものであり、根元から処理できるものではないので、どちらかというと整えるのが主な目的ということで除外。

 

となると、残るはワックス脱毛とフラッシュ脱毛ということになります。

 

やはり皮膚は一人ひとり強さが違っていて、また痛みの感じ方も違ったりします。そんな中、誰もが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■当サイトコンテンツ

 

 

アンダーヘアにも使用できる家庭用脱毛器

 

 

 

Vライン・Vゾーンにも使用できる除毛クリーム

 

 

ブライジリアンワックス

 

 

■脱毛した後にデリケートゾーンの黒ずみが気になってしまったら

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】